FC2ブログ

千葉県のペット供養寺院・テンプルペットです。

「アニコム調査」

アニコム損害保険株式会社は7月12日、同日が「人間ドックの日」に制定されていることにちなんで行われた、ペットの健康診断に関する調査結果を発表した。

同社のペット保険「どうぶつ健保」契約者を対象に行われたこのインターネット調査によると、現在ペットに1年に1度以上健康診断を受けさせていると回答した人が66.5%にのぼり、「受けていない」の22.3%を大幅に上まわる結果となった。

この受診率は、平成19年国民生活基礎調査(厚生労働省調べ)でわかった、人の検診や人間ドックの受診率61.5%をも上まわるという。

年齢別に見ると、ペットが高齢期に入るとされる7歳以上では受診率が7割を超え、受診理由も「年齢が高くなってきたのでわが子が心配」がもっとも多いことから、シニアペットを飼っているオーナーの間では、定期的に健康診断を行うことが定着しつつあることがうかがえた。

また、具体的な検診内容では、「一般身体検査」「血液検査」の受診がもっとも多かった。


まさにペットの領域を超え「我が子」の領域に達したことがわかる記事だ。


                           トータル環境BCC山田