FC2ブログ

千葉県のペット供養寺院・テンプルペットです。

「珍事件」


思いも寄らないペットのイタズラに手を焼いた経験は、ほとんどのオーナーが経験していると思うが、イギリスのとあるカップルの場合は、そんなレベルではなかったようだ。彼らは愛猫の困ったクセのために、警察のお世話になるハメになったとか。

 9日付の英「デイリー・ミラー」紙によると、問題の猫はサウサンプトン在住のワイスマントル夫妻の愛猫、13歳になるオスの「オスカー」。1ヶ月ほど前から夫妻を悩ませていたのは、なんと彼の盗癖だ。

 今までにオスカーが盗んできたものは、ゴム手袋や靴下など70種類以上にのぼるそうで、最初はほとんどゴミみたいなものを“戦利品”として持ち帰ってくる程度だったのだが、回を重ねるごとに盗みの腕が上がったのか、盗品の質が良くなってきてしまった。

 そしてついに先週、子供用の下着を10枚ほど盗んできたことをきっかけに、夫妻はやむなく愛猫の件を警察に通報することにした。

「このままでは下着泥棒が出没したと、近所の人たちを不安にさせてしまうんじゃないかと心配で、警察に話すことにしたの。下着を盗まれた人は、不審者じゃなくて猫の仕業だと知って、安心してくれるといいんだけど」と、妻のバージットさんは語る。

 夫妻はオスカーの盗品をまだ保管しているそうで、いつか持ち主のもとに返すつもりだそうだ。

 ちなみに、この話を聞いた警察官は怒るどころか面白がっていたそうで、ひとまず何のお咎めもなかったようだが、オスカーの指紋ならぬ“肉球紋”はちゃんと取ったとか取らなかったとか。(ペットオフィスより)


                            トータル環境BCC山田