FC2ブログ

千葉県のペット供養寺院・テンプルペットです。

子供たちの決意

先日、船橋市ミニチュアダックスフンドのレモンちゃんのご葬儀をお手伝いさせて頂いたときの事です。ご自宅に訪問すると、そこに立っていたのはレモンちゃんを抱いた子供たち。あれ?と思い、「お父さんかお母さんは?」と尋ねるとおくから「すいません。」と奥様が出てこられました。奥様が私に「お話があります。」との事でしたので聞いてみると、レモンちゃんは3年前、ペットショップで子供たちが駄々をこねて飼う事に決めたそうです。その時に約束した事が「子供たちが中心となってレモンの面倒を見ること。」だったそうです。それで最後も子供たちが中心となってお別れをしたいと言っているとの事です。子供たちはレモンちゃんと出会ってから本当に一生懸命面倒を見ていたそうです。レモンちゃんが突然亡くなった時にはかなりショックだった様子だったのですが、その夜は「レモンともうお別れだから、一緒に寝る」とふとんの横にレモンちゃんを寝かせて夜を過ごしたそうです。お別れの日の朝、一番上のお兄ちゃんが「もう泣くのやめよう。元気に送ってあげよう」と下の子たちに伝え、それからは泣くことも無く今を迎えたと奥様が言っておられました。奥様は「この子達の気持ちを汲んで、この子達中心のお別れをしてあげてくれませんか?」とのご要望。精一杯ご要望にお応えさせていただきたいと心から思いました。お別れ式が進むにつれて我慢していた涙がこみ上げ「笑って送ってあげようよ!」とお兄ちゃんが言っているその瞳からも涙が。最後は一人一人レモンちゃんに言葉をかけて涙のお別れとなりましたが、子供たちがレモンちゃんの死を受け止め、お別れをすると決めた決意。その決意をした子供たちの事を考え寛大な心で受け止めたご両親。とてもあたたかくてやさしい気持ちになりました。レモンちゃんも家族の愛をしっかりと受け止めて天国へと旅立っていきました。

ペット葬祭部一同