スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉 ペット葬儀・ペット供養

11月21日午後3時より 八千代地蔵院に於いて、第1回 動物合同供養会が厳修された。

 今年7月から地域主体で、無法化されるペット葬儀・供養を厳粛に寺院が行う事に賛同し、寺院境内地に合同墓苑を建立し、新規ペット葬儀・供養のホームページの作成等、事業を進めてきた。

 ペット葬儀を行うにあたり株式会社フォーシーズン「動物の園」関 謙一郎氏のご指導・ご協力のもと、動物の葬儀のあり方、現場をご鞭撻頂き、現在に至る。

 お寺として、動物も今や家族の一員であるこの世の中において、一世代前の様にペットが亡くなっても庭に埋めてあげる事の出来ない方々に寺院境内地に合同墓苑を建立しお参り頂きたい。ペットも人間と同様に火葬し骨壷に入れて供養したい。ペット=民間という考え方をペット供養=お寺と位置付けたいと考えました。

 人間もペットも同じ動物です。可能な限り、ご供養してあげたい。
 

  11月21日 始めての試みとなる供養会は、この度、八千代地蔵院世話人に就任頂いた小坂昌彦氏を始め、昨年、この事業を始めようと切っ掛けを作ってくれた、高橋涼子さん(昨年11月25日に愛猫のモモちゃんが亡くなられ昨年末に本堂において供養を行いました。)、また、この供養会の司会進行を務めて頂いた動物の園の社長、日頃からお手伝い頂いている地蔵院スタッフ、私の弟子でもある希善で、動物合同供養会を八千代地蔵院に於いて厳粛に厳修しました。

 受付


 司会進行「動物の園」社長より式次第の説明を行って頂いた。


 導師入堂

 
 導師より挨拶


 法要・焼香
 

 供養を終えて 施主代表 高橋涼子氏


 供養を終えて 八千代地蔵院世話人 小坂昌彦氏


 お礼の挨拶  関社長


 合同墓苑にてご供養
 

 法要を終えて 弟子と共に


地蔵菩薩は現世利益の仏様として、人間、ペットの隔てなく慈悲の心でいつまでも見守ってくれます。
『おん かぁかぁ かび さんま えい そわか』

無魔終了 次回 第2回動物合同供養会は平成23年5月頃を予定しております。英昭 合掌



 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。